【大阪】トイレのつまりや水漏れトラブルに迅速対応!おすすめの修理業者厳選5選を紹介します!

トイレの水漏れ!気付かずに放置するのは危険!?

公開日:2022/08/15


トイレの水漏れを気付かずに放置すると、どうなってしまうのでしょうか。場合によっては高額な水道料金を請求されたり、マンションの階下の住人に迷惑をかけたりしまうこともあり得ます。この記事では、水漏れを放置するとどうなるのかを解説します。大変なことになる前に、チェックすべきポイントも紹介していきます。

トイレの水漏れに気付くサイン

トイレの水漏れに気付くサインは、どのようなものがあるでしょうか。

まず、確認したいのが水道メーターです。水道メーターにはパイロットと呼ばれる目印がついています。このパイロットを確認することで、漏水かどうかを判断することができます。パイロットは水道メーターの盤面にある銀色のキラキラとした小さな部品です。完全なデジタル方式の場合は、液晶の中で点滅しているのがそうです。水が流れてメーターがカウントされているときに、パイロットは回転または点滅します。家中のすべての蛇口を閉めてもまだパイロットが回っていたら、どこかで漏水している可能性が高いです。

メーターで漏水が確認できたら、今度はどこから水が漏れているのかを特定しましょう。タンクの中からずっと水の音がしている、もしくはレバーや給水管から水が滴っている場合は、タンクに原因がある可能性があります。タンク自体や内部パーツの破損や、接続部のゆるみやゴムパッキンの劣化なども考えられます。給水管と止水栓や、タンクと便座の結合部などから漏水している場合も、ゴムパッキンの劣化が疑われます。

次に便器と床の隙間から水が漏れている場合は、便器自体の破損、もしくは便器と排水管の施工に問題がある可能性があります。ほかにも、排水管のつまりによって水が逆流して床から漏れてくる場合もあります。

トイレの水漏れを放置するとどうなる?

トイレの水漏れを放置すると、どうなってしまうのでしょうか。当然漏れた分の水道料金が上がってしまいます。水滴が1~2㎜程度の細さで垂れている水漏れの場合、1か月でおよそ15,000リットルもの水が流れるといわれています。これは、ふたり暮らし世帯の一か月の水道使用量に匹敵します。大阪市の場合を例にとると、1か月で2,500円から3,500円程度水道料金が上がってしまう計算です。地域や普段の水道使用量にもよりますが、もし数ヶ月放置してしまったら馬鹿にならない出費になってしまいます。

さらに、水漏れしたまま放置すると水道料金が上がるだけではなく、もっと大変なことになりかねません。漏れ出た水が床や壁にしみこみカビの原因になったり、材木を劣化させたりすることにもつながります。そのまま放置し続けると、トイレにとどまらず大規模な補修工事が必要な事態にもなりかねません。集合住宅の場合は、もっと深刻です。床に水がたまった結果、階下の住人宅に被害を及ぼしてしまうこともあります。そうなったら、その保障もしなければなりません。住人との関係性も悪化して住みづらくなってしまう、ということもあるでしょう。

トイレの水漏れの修理代は誰が支払うの?

トイレの水漏れの修理代について、誰が支払うのかはとても気になりますよね。結論からいうと、賃貸の場合は、管理会社または大家さんが修理代を支払うことが多いです。残念ながら持ち家の場合は、自分の負担となります。

では、賃貸の場合について見ていきましょう。先に書いたように、民法によって、賃貸の物件の設備に不具合が生じた場合の修理義務は、物件の管理会社や大家さんにあります。ただし、入居者自身の故意や過失によって水漏れが起こった場合や、入居者自身が設置したものが壊れた場合は自分で修理する必要があるので注意しましょう。

水漏れを発見したら絶対に放置せずに、タオルや洗面器などを使って床下などに浸水しないように応急処置をしましょう。必要があれば止水栓を閉めます。それからできるだけ早く管理会社、もしくは大家さんに連絡して状況を伝えましょう。契約にもよりますが、きちんと連絡をすれば修理をしてくれるはずです。

気付かなかった水漏れによる高額請求は減額できる

水漏れに気が付かなかった場合には、水道料金の高額請求を減額できることがあります。ただし、すべての場合に適用されるということではありません。まず、水漏れの原因が使用者の故意や過失でなく正しい使い方をしていることが前提です。そのうえで、水漏れの原因部分が見つけるのが難しい場所にあることが条件です。見つけるのが難しい場所とは、壁の中や床下にある配管などです。タンクや便器など外に出ている部分の水漏れには適用されません。

さらに自治体によっては、水漏れ部分が以前漏れた部分とは違うことや、水漏れの修理を行ったのが水道局の指定業者であるか、などの条件が追加されます。これらの条件を満たすのは簡単ではありませんので、普段から水漏れに気をつけておくことが大切です。

 

トイレの水漏れは放置すると、高額な水道料金を請求される可能性があります。また床下に水がたまって修理が必要になったり、集合住宅の場合は階下の住人に迷惑をかけたりすることにもなりかねません。日頃から水道メーターや、ご紹介したポイントをチェックして水漏れを早期発見することが大切です。賃貸住宅に住んでいる方は、すぐに管理会社や大家さんに連絡することで、修理代を払ってもらえる可能性があります。おかしいなと思ったらすぐに対処するのがよいでしょう。

【大阪】トイレつまりや修理依頼におすすめの業者5選

商品画像
商品名水道救急110番水漏れ110番イースマイルクラシアン水協
特徴水道局指定の工事店で高水準の技術者がいるので安心すべて自社対応で仲介費、出張費、見積もり費が無料高度な技術講習を受けたスタッフが笑顔を届ける暮らしに安心を提供する水道業者
低価格で提供する地域密着型の業者
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】おすすめトイレ業者5選!
記事一覧