【大阪】トイレのつまりや水漏れトラブルに迅速対応!おすすめの修理業者厳選5選を紹介します!

トイレにも寿命がある!買い替えや交換はいつ行えばよいのか?

公開日:2022/10/15


毎日使用しているトイレには、寿命があります。皆さんは、どれくらい寿命があるかご存知でしょうか。トイレの寿命を知っていれば、買い替えや交換のタイミングも把握できるので、安心です。この記事では、トイレの寿命や買い替え、交換のタイミングについてまとめておきます。トイレの寿命を知って、良い状態で使えるようにしましょう。

トイレの寿命はいつ?

トイレを買い替える必要ってあるの?と思われている方もいるかもしれません。トイレの便器は陶器製の場合、ひび割れしない限りは使い続けることができるので、耐用年数はかなり長いです。しかし、トイレの寿命は便器だけではありません。トイレには、さまざまな機能があるため、それらの部品の寿命も考えなければならないのです。トイレの寿命について、部品別にみておきましょう。

便器やタンクの寿命は?

トイレの便器やタンクは陶器で作られています。陶器は、ひび割れしない限り使うことができるので、長ければ100年使うこともできます。ただし、使える期間が長くても、汚れがついてしまったり、変色するということもあるので、100年間快適に使えるとは言い切れません。このような点から、汚れが目立ったり、傷がついたという場合に交換をする人もいます。

パイプやパッキンの寿命は?

トイレにはパイプやパッキンなどの部品がついています。これらの部品に関しても寿命があるため注意しなければいけません。トイレのパイプの寿命は5年から10年です。パイプが寿命を超えて使われていると、水が漏れやすくなったり、詰まりの原因となるので耐用年数を超えて使うことは避けましょう。

ウォシュレットの寿命は?

ほとんどのトイレにウォシュレットが使われるようになってきています。ウォシュレットの機能は10年程で寿命を迎えますので、これを目安にして新しいものに交換しましょう。ただし、使用頻度が多い場合は10年もたないケースもあります。

こんな症状が出てきたら買い替え・交換の目印

毎日使用していて、目立つトラブルがない場合、特に交換を意識したり買い替えを意識することはないかもしれません。ここでは、交換や買い替えの目安となる症状についてまとめておきます。もし家庭のトイレで、これからお伝えする症状が出ている場合は、早めに交換や買い替えを検討したほうが良いでしょう。

温水便座の本体が点滅している

温水洗浄便座の本体が点滅している場合、トイレの買い替えをお知らせしてくれています。本体の表示ランプが点滅していたら、買い替えしてください。

温水便座が故障している

温水便座が故障している場合は、交換が必要です。異音がしていたり、シャワー機能が使えないなどは、故障になるので、早めに点検、修理を依頼して、交換が必要な場合は速やかに交換してください。

便器の故障

便器にひびが入ったり、割れているという場合は、交換が必要です。そのまま使用していると水漏れしてしまう可能性があります。

老朽化が目立つ場合

長年使用しているトイレでは、老朽化が目立つでしょう。トイレの老朽化は、水漏れや詰まりが生じるリスクが高くなりますので、トラブルになる前に買い替えをしましょう。

より高性能なものを求める場合

トイレは、進化していてより便利な機能が増えています。例えばお掃除の回数を減らせるように自動洗浄機能が搭載されているトイレもあります。もしより高性能なトイレを求める場合は、買い替えを検討しましょう。

トイレを買い替えずに使い続けるとどうなる?

トイレを買い替えずに使い続けるとどのようなトラブルが起こるのでしょうか。故障していなければ使い続けることはできますが、突然故障してしまうということも起こりやすくなってしまいます。耐用年数を超えて使用することは、思わぬ事故やトラブルにつながることもあるのです。そのようなことも意識して、買い替えや交換は必要だと覚えておく必要があります。

トイレが寿命を迎える前に買い替え・交換するメリット

トイレが寿命を迎える前に買い替えや交換をすると、大きなトラブルに繋がらないので安心です。「まだ使えるのに交換や買い替えはもったいないのでは?」と思われるかもしれませんが、後で大きなトラブルとなってしまうほうが、修理費が大きくなってしまうこともあるのです。それを考えると、耐用年数がくる少し前には交換をするのがおすすめです。

清掃頻度を減らすことができる

トイレを新しくすることで、清掃頻度を減らすことができます。特に最近のトイレは、掃除を楽にするための工夫がされていますので、清掃頻度を減らせるトイレを選ぶと良いでしょう。

電気代や水道代が節約できる

便器を変えることで、電気代や水道代の節約にも繋がります。新しいトイレは、特に節水や節電の機能が充実しているので古いものを使い続けるよりも良いでしょう。

新しい機能で快適になる

掃除がしやすくなる、掃除の回数を減らせるという点だけでなく、他にも最新の機能が搭載されている便器が増えています。たとえば、自動開閉式の蓋などがそのひとつです。新しい機能がついているトイレは、さらに使いやすくなるでしょう。

まとめ

トイレの寿命についてお伝えしました。トイレの寿命を知っておくことで、故障やトラブルが起こる前に買い替えをすることができます。陶器の便器は、長く使えますが、皆さんウォシュレットが故障する10年を目安に買い替えされるケースが多いようです。この期間も参考にしてみてください。

【大阪】トイレつまりや修理依頼におすすめの業者5選

商品画像
商品名水道救急110番水漏れ110番イースマイルクラシアン水協
特徴水道局指定の工事店で高水準の技術者がいるので安心すべて自社対応で仲介費、出張費、見積もり費が無料高度な技術講習を受けたスタッフが笑顔を届ける暮らしに安心を提供する水道業者
低価格で提供する地域密着型の業者
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】おすすめトイレ業者5選!
記事一覧