【大阪】トイレのつまりや水漏れトラブルに迅速対応!おすすめの修理業者厳選5選を紹介します!

トイレのトラブルを自力で修理する方法とは?無理は禁物!

公開日:


トイレのトラブルには水が流れない、水漏れが起きるなどさまざまなパターンがあり、自分で修理を行うには難しい場合があります。一方、専門業者に依頼すると高額な修理費用が発生する場合があります。本記事では、トイレのトラブルを自力で修理する方法、業者に修理を任せたほうがいいパターンについて解説します。

トイレのトラブルを自力で修理する方法

トイレのトラブルは水溶性の詰まりが原因の場合のみ自分で修理を行うことができます。また、自分で修理を行う際に使用する道具は100円ショップやコンビニ、ホームセンターなど気軽に手に入れることのできるアイテムを使用します。

50℃のお湯

バケツに50℃のお湯を入れ、トイレにゆっくりと流し込む方法があります。その際にトイレからお湯が溢れないよう注意が必要です。トイレに徐々にお湯を流し込み、便器内にお湯がいっぱいになったらそのまま1時間程度様子を見ます。最後にバケツでゆっくりと水を流し入れ、水が流れるようになっているか確認を行います。また、熱湯を使用すると便器破損を起こす危険性があるため、50℃程度のぬるま湯を使用することをおすすめします。

針金ハンガー

針金ハンガーを便器に差し入れ、つまりの原因を掻き出す方法があります。まず、針金ハンガーをまっすぐに伸ばし、先端を配管に入る大きさで円形に整えます。そして、針金ハンガーを徐々に便器の奥に入れます。便器内でつまりの場所を特定するために、少し動かしながら入れます。最後に場所が特定できたら、ハンガーの先でつつき、つまっているものを少しずつ崩します。その後、バケツでゆっくりと水を注ぎ入れて、水が流れるようになっているか確認を行います。

重曹とお酢(クエン酸)

最初に重曹を便器に入れます。次に、お酢(クエン酸)を流し入れ、50度程度のお湯を入れて炭酸ガスの泡を発生させます。そして、そのまま1時間ほど時間を置きます。最後に、バケツでゆっくりと水を注ぎ入れて、水が流れるようになっているか確認を行います。

薬品

薬品はさまざまな種類がありますが、サンポールやデオライトは、尿石や黄ばみなどの汚れに対して効果を期待できます。薬品の使用量や使用方法を確認し、規定量を便器内に流し入れます。その後、薬品に記載されている規定時間、時間を置きます。最後に、バケツでゆっくりと水を注ぎ入れて、水が流れるようになっているか確認を行います。

スッポン

まず、便器の周りやトイレの壁に、新聞紙やビニール袋を貼ります。次に、スッポンの先を水中につけてゆっくりと便器に押しつけます。その後、勢いよくスッポンを引っ張ります。1度で詰まりが取れない場合は複数回繰り返します。最後に、バケツでゆっくりと水を注ぎ入れて、水が流れるようになっているか確認を行います。

真空式パイプクリーナー

スッポンをさらに強力にしたものが真空式パイプクリーナーです。基本的な使用方法はスッポンと同様ですが、より強力に詰まりを取ることが可能です。

業者に修理を任せた方がいいパターン

基本的に自力でトイレの詰まりを解決できない場合は、非水溶性のものを詰まらせた時などが挙げられます。たとえば、便器を外す作業が必要な場合は自力での修理が難しくなります。SNSやインターネットを利用して自力で便器を外すことができるケースもありますが、業者に依頼する方が安心です。さらに、扱い方を間違えると便器にヒビが入ることや故障することもあります。また、取り外しができても再度設置する作業も必要です。

その際、配管に不備があると水漏れを起こすなど他の故障を引き起こす可能性も考えられます。その他、排水管や汚水枡の清掃が必要な場合も業者に依頼を行う必要があります。排水管や汚水枡に汚れが蓄積し清掃を行う場合は、専門の高圧洗浄機を使用します。個人で機材を購入することは可能ですが、非常に高額であることに加え、機材の扱いも水道修理業者でなければ難しいです。そのため自力での修理はハードルが高いといえます。

自力の解決が難しい場合は業者に依頼しよう!

業者に修理を依頼することで、修理費用が発生するため自力で修理をしたいと考えるケースが多くあります。しかし、素人判断で修理を行うと便器や他の場所を破損させることで状況を悪化させることが想定されます。そのため、安心して修理をお願いできる業者に依頼することが大切です。まず、業者に修理をお願いする際にインターネットやポストに投函されているマグネットなどに記載されている基本料金の安い業者に依頼行う場合があります。

しかし、基本料金の中にどのような修理が含まれているのかは業者によって異なります。地域最安値や格安費用を提示している業者であっても、出張費用や見積もり、深夜の修理はオプションが発生する場合があります。一方、基本料金は高めでもサービス内容が充実している業者もあります。1社のみに依頼を行うのではなく、何社か見積もりを行い比較検討した上で業者を決定することをおすすめします。

 

トイレのトラブルが発生した際、トイレのトラブルを自力で修理する方法がいくつかあります。しかし、非水溶性のトラブルや原因がわからない場合、無理に自力で解決しようとすると他のトラブルを引き起こすことがあります。自己判断が難しい場合は無理をせずに、業者に修理を依頼することをおすすめします。また、業者選びには、料金の安さだけでなく、サービス内容を確認した上で依頼を行うことが大切です。

【大阪】トイレつまりや修理依頼におすすめの業者5選

商品画像
商品名水道救急110番水漏れ110番イースマイルクラシアン水協
特徴水道局指定の工事店で高水準の技術者がいるので安心すべて自社対応で仲介費、出張費、見積もり費が無料高度な技術講習を受けたスタッフが笑顔を届ける暮らしに安心を提供する水道業者
低価格で提供する地域密着型の業者
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】おすすめトイレ業者5選!
記事一覧