【大阪】トイレのつまりや水漏れトラブルに迅速対応!おすすめの修理業者厳選5選を紹介します!

まずは理由を知ることが大切!トイレトラブルの主な原因とは?

公開日:2021/11/15


日々の暮らしの中でトイレは1日に何度も使用します。しかし、トイレトラブルによって使用できなくなる場合があります。さらに、トイレのトラブルには水漏れや便器の詰まりなどさまざまなケースがあり、トラブルの原因も配管の汚れや経年劣化など多岐に渡ります。本記事では、トイレトラブルの種類や原因、修理方法について解説します。

トイレトラブルはどんな種類がある?

トイレトラブルといっても、具体的にはどんなことが起こり得るのでしょうか。まずはいくつかのトラブル事例をみてみましょう。

トイレの水漏れ

トイレでの水漏れはよく発生するトラブルです。しかし、トイレの水漏れといっても配管、トイレタンク、床下、便器、ウォシュレットなど水漏れが起こる箇所は多くあります。まず、配管からの水漏れは、配管と他の部品との接続部分からも水漏れのケースが多いです。

また、トイレタンクや便器の水、ウォシュレットから水漏れが発生する場合は、便器やウォシュレットの水が止まらない、トイレを流してからしばらく経過しているのに水が流れ続けているなどのトラブルがあります。床下からの水漏れは、トイレの床が少し濡れている場合やひどいときには床が水浸しになっていることがあります。

水が流れない、水の流れが悪い

水が流れない、水の流れが悪いというトラブルは、トイレのタンク内に水が溜まっていない場合があります。その他、水を流してもまったく流れない、水流がなく排泄物を流すことができないなどのケースもあります。また、放っておくと汚物のつまりや悪臭を引き起こすことがあるため、早めの対応が必要です。

配管や便器が詰まる

配管や便器が詰まると、流したはずのトイレの水が便器に溜まったままになっていることや逆流するトラブルが発生します。一度詰まりが発生すると便器の水が溢れて部屋を汚してしまう場合があるため、緊急性の高いトラブルです。もし配管や便器が詰まるトラブルが発生した場合、パニックにならないようあらかじめ対応策を考えておくと安心です。

嫌な匂いがする

便器やタンク内など目に見える場所が汚れている場合は、自分で掃除を行うことができます。一方、配管内など自分で掃除をすることが難しい場所に汚れが溜まり、匂いの原因となる場合があります。日々使用するトイレの悪臭はストレスになってしまうでしょう。嫌なニオイの原因がわからない場合は、専門の修理業者に依頼することをおすすめします。

トイレトラブルの主な原因

毎日使うトイレですので、原因はさまざまですが、ほとんどは予測することができます。起こりうるトラブルの原因は何なのか、順にご紹介します。

設備や部品の経年劣化、不具合

トイレは家族が1日に何度も使用する場所です。そのため、経年劣化によるトイレの便器やタンク、配管等のさまざまな部品の老朽化は必ず発生します。一般的に部品は消耗品のため10年程度を目安に交換が必要です。部品の老朽化により水漏れなどのトラブルを発生させるケースがあるため、定期的なメンテナンスが重要です。

温水洗浄便座の故障

近年のトイレにはよく採用されている温水洗浄便座はトラブルの原因になりやすい設備です。温水洗浄便座は便利な機能を搭載するために複雑な構造をしています。しかし、トイレ内の温度や湿度、汚れやカビの影響を受けるため、トラブルを起こしやすい機械です。

異物を詰まらせる

トイレの使用時にうっかり携帯電話を落としてしまうことや、子ども用のおむつを落としてしまうケースが挙げられます。また、一度に大量のトイレットペーパー流すことでも詰まりを発生させる原因となります。トイレットペーパーがなくなってしまった場合に代用品としてティッシュペーパーを使用することで、詰まりの原因になることもあります。トイレットペーパーは水に溶けるよう作られていますが、ティッシュペーパーは水に溶けにくい成分でできています。使用環境と使用量を守ることが大切です。

トイレの排水管の汚れ

トイレの排水管に長年の汚れが溜まることによってトラブルを引き起こす場合があります。排水管内は掃除を行うことが難しいため、長年トイレを使用していると水が流れにくくなることや詰まりを発生させることがあります。

トイレ修理は業者に依頼するか自力で直すべきか

トイレのトラブルの内容によっては自力で修理が可能なケースがあります。最も手軽な方法は、お湯やラバーカップを使用する方法です。しかし、自己判断で修理を行うことによって便器を破損させてしまうことや他のトラブルを引き起こすことがあります。自力で修理を試みることは可能ですが、効果が見られない場合は業者に依頼することをおすすめします。

また、依頼する業者によって費用やサービスが異なります。修理を行う前に事前に何社か見積もりを取り、比較検討することが大切です。たとえば、基本料金が格安であっても後から高額な費用を請求されることがあります。見積もりは、出張費、基本料金、作業料金などがあるため、業者を家に呼んで詳細な費用を計算してもらう必要があります。さらに、技術面においては、自治体が認定している水道局指定工事店や給水装置工事事業者に依頼するのが安心です。

 

トイレのトラブルには水漏れや詰まりなどさまざまなトラブルがあります。そのため、自己判断で修理を行うことは難しいケースがあります。無理に自分で修理を行うことで他のトラブルを引き起こすかもしれないので、業者に依頼するのが無難でしょう。業者に依頼する際は、いきなり修理をお願いするのではなく、修理の前に何社か見積もりを取った上で依頼することをおすすめします。自治体が認定している業者に依頼すると技術的にも安心です。

【大阪】トイレつまりや修理依頼におすすめの業者5選

商品画像
商品名水道救急110番水漏れ110番イースマイルクラシアン水協
特徴水道局指定の工事店で高水準の技術者がいるので安心すべて自社対応で仲介費、出張費、見積もり費が無料高度な技術講習を受けたスタッフが笑顔を届ける暮らしに安心を提供する水道業者
低価格で提供する地域密着型の業者
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】おすすめトイレ業者5選!
記事一覧